FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンタイム〈4〉裏腹なるdon’t look back 感想



ゴールデンタイム〈4〉裏腹なるdon’t look back
竹宮 ゆゆこ (著), 駒都 えーじ (イラスト)
電撃文庫

とある深夜、束の間だけかつての記憶が戻り、当時抱えていた想いそのままにリンダのもとへ駆けつけようとして見事にこけた多田万里。翌朝。万里は唇を腫らし超絶ブサイクになっていた。発熱までしてみんなの看病を受けることになるが、なぜかその流れから香子と夏に海に行く話が持ち上がる。先立つものは金、とバイトを探す万里だが、香子からは大反対され―。かつての自分が好きだったリンダといまの自分が好きな香子。二人の狭間で揺れる万里の心の旅路はまだ半ば?竹宮ゆゆこ&駒都えーじが贈る青春ラブコメ、第4弾。

ここに来てとらドラとの違いがややはっきりしてきたように思います。とらドラにおいてはおそらく、櫛枝実乃梨を好きな高須竜児、逢坂大河を好きな高須竜児、この2つがある意味両立していた状況だったと思うのです。少なくとも、どちらも確実に高須竜児の意思であったからこそ、選ぶという行為に確かに意味があったと思うのです。

今作においては、リンダを好きだったのは間違いなく(と今のところは思うのですが)過去の万里であり、香子を好きなのは現在の万里であり、記憶喪失が鍵であるからこそ、彼らは別の人間なわけです。そうなると、どちらを選ぶというわけにもいかず、そもそも選ぶという行為が正しいのか…?過去の万里が蘇りつつある現状として、非常に難しい問題になっているのではないかと思うのですね。どちらに進むのか、一筋縄では行かないこの現状、非常に楽しみです。

あとはNANA先輩というなかなかアクの濃いキャラクター。岡ちゃんとやなっさんの青春も非常に気になる要素ではあるのですが…そろそろ短篇集とかでないかな?

☆5つ。

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。