FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新約 とある魔術の禁書目録(インデックス)〈4〉 感想



新約 とある魔術の禁書目録(インデックス)〈4〉
鎌池 和馬 (著), はいむら きよたか (イラスト)
電撃文庫

『11月13日より、我々反学園都市サイエンスガーディアン二七社は東欧のバゲージシティにおいて、格闘大会「ナチュラルセレクター」を開催します』そのアナウンスが始まりだった。第三次世界大戦を契機とし、反学園都市勢力は各地で様々な抵抗運動を模索していた。この『ナチュラルセレクター』では、トーナメント制の異種格闘大会を通じ、『超能力を凌駕する「異能」を証明する』ことを目的とした。それは、学園都市のアイデンティティを根本から破壊することに他ならない。魔術と科学の融合組織『グレムリン』の手を借り、その策謀は進む。そして。学園都市はそれを許さない。これは、たった三人の『木原』と。たった三人の『グレムリン』。それだけでは済まない、最悪の騒乱。

きいいはらくんよおおおおお! とか言ってる場合じゃない。木原木原木原木原だらけでございます。円周ちゃん可愛いよお(ry 超電磁砲でテレスティーナが木原だって判明してから、なんか嫌な予感はしていましたが、あれだな、この一族子沢山すぎじゃないかなあ。正直単純な超能力者とかよりもよっぽど魔術気味てるのがコイツらだと思ってます。上条ちゃんの影も薄いのも致し方ない。

魔神なども出てきて、今までSSでばら撒かれてきた伏線が色々と回収に向かっていますね。しかし、上条の力の正体がますますわからなくなっているような?世界を救う力の前では圧倒的で、だが、魔神に対しては大したことないと言われる?ううむ?そもそも魔神ってなんなのさ?このあたり次巻以降説明してもらえるといいなあ( ゜д゜) あとがきのキャラ紹介も楽しいですよ。

☆4つ。

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。