FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識



クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識
西尾 維新 (著), take (イラスト)
講談社ノベルス

鴉の濡れ羽島で起こった密室殺人事件から二週間。京都、私立鹿鳴館大学。「ぼく」こと“戯言遣い・いーちゃん”が級友・葵井巫女子とその仲間たちと送る日常は、古都を震撼させる連続殺人鬼“人間失格・零崎人識”との出会いによって揺らめき脆く崩れ去っていく―。そして待ち受ける急転直下の衝撃。一つの世界が壊れる“そのとき”を描ききった新青春エンタの傑作。

ていうか、読みなおして思ったんですが…!

<<本格派ミステリー、でも表紙はネタバレ>>みたいなっ! になってるじゃねえか、これ!ヲイ!狙ったのか!狙ったんだろうなあ。

はてさて、この巻から零崎人識が出てきたわけですね。(ってことまで忘れてました)まあ、今回の彼は顔見世程度ですよねえ。赤い人もあんまり活躍しませんし。しかし、この2人が揃ってくると戯言シリーズって感じが強くなりますわ―。いいねー。

内容としては、やはり西尾節というか。友達とは何か?人を殺すって何か?葵井巫女子にかける言葉は辛辣で、だからこそいーちゃんの思想が現れています。やはり、思いの外、この作家の影響を受けているんだなあと再読してしきり。償えない罪は罪じゃないんですよね、もはや。さて、そうなると零崎一族はどれほどの罪を背負うのか・・ってまあアイツらには関係ないのかしらね。しっかし、葵井巫女子、彼女もずっと出てくるからなあ。刀語のナレーターまで出張してたことを考えると…使い安かったのかなあとかうん、思ってみたりしてます。

x/yとかも再読なのでさすがに意味はわかってるし。。。ミステリーは2回読むものではそれはそれでないんですが、それでも楽しめる辺り、やはり戯言シリーズはいいですね。

☆5つ。

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識西尾 維新 (著), take (イラスト) 講談社ノベルス鴉の濡れ羽島で起こった密室殺人事件から二週間。京都、私立鹿鳴館大学。「ぼく」こと“戯言

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。