FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19―ナインティーン 感想



19―ナインティーン
綾崎 隼 (著), 紅玉 いづき (著), 柴村 仁 (著), 橋本 紡 (著), 入間 人間 (著)
メディアワークス文庫

成人すると同時に下方面の大人も迎えようという、最高に下らない決意と熱意を秘めて、ここまで戦ってきた。/地上には人々の想いが溢れているのだ。それってすごいことだよね。ああ。胸糞悪い。/「ふーん。じゃあ、お金を借りたお礼に、あたしがあんたを変えてあげよっか?」/頑張れば、出来るって思ったのは一体誰だろう?/好きな人と手を繋いで、キスをして、抱き合って、求め合う。ぬくもりを感じる。それのどこがいけないのだろう。
 19歳をテーマに、5人の人気作家が描く、彼女彼らの物語。

5人の作家の短篇集です。まず、入間人間氏はいつものごとくのちょっとのSFもの。ちょっと19というテーマにこだわり過ぎな気はいたしますが…まあ、これはこれで面白かったですね。あとは紅玉いづき氏の2Bの黒髪も良かったですね。19歳って難しいんですよね、ましてこんな受験も重なった状態だと。そんなどうしようもない心のもやもや感をうまく描いている作品だったと思います、わりかし好きです。

しかし、今作一番いいなと思ったのは橋本紡氏。橋本紡氏といえば、個人的には『半分の月がのぼる空』一択ではあるんですが、最近はライトノベル廃業宣言までなさっていて、めっきりその手のを書いてないんですよね。そして、久々の作品が、これか!と。まああいかわらずライトノベルちっくでは全く無いですけど。でも、コレが氏の味ですし、一番共感できた作品でしたね。(これが共感できるというのもそれはそれで、年を取った気がしてすごく複雑なんですけど)また、ライトノベル書いてくれないかなあ・・・

☆4つ。

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

19―ナインティーン綾崎 隼 (著), 紅玉 いづき (著), 柴村 仁 (著), 橋本 紡 (著), 入間 人間 (著) メディアワークス文庫成人すると同時に下方面の大人も迎えようという、最高に下らない決意

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。