FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンタイム〈3〉仮面舞踏会 感想



ゴールデンタイム〈3〉仮面舞踏会
竹宮 ゆゆこ (著), 駒都 えーじ (イラスト)
電撃文庫

はれて彼氏彼女の関係となった記憶喪失男・多田万里と、自称完璧なお嬢さま、加賀香子。幕が開けた二人のラブラブな日々は、天然だったりやっぱり完璧志向だったり。一方で、万里は過去の関係が白日のもとに晒されたリンダとは真っ直ぐ向き合えずにいた。そして凹んだ男が一人。柳澤光央は一年生会での盛大な自爆のため深く落ち込んでおり、そんな彼を励ますために万里の部屋でお泊まり会的イベントが発生するが―!?青春ラブコメ第3弾。

前の感想でも書いたと思いますが、大学版とらドラ!であるゴールデンタイム。まあ、何が大学版かって結局、思いが通じ合ってからが本番なんですよね。そう、高校生の物語って結局、結ばれることがゴールになっているものが多いわけです。でも、今回の作品はその後がある。むしろ、その後こそが本番である、という辺り、電撃文庫の中ではやっぱりなかなか異質でいい味出してるなあと思うわけです。駒都えーじさんのかわいいイラストに騙されて買っちゃう若い子はつらかろう。(自分が年寄り臭くなってやだなあ)

今回は、みんな仮面をかぶってる、という話でした。そうなんですよね。誰もが人には見せたい顔をするものですが、恋愛面においては特にそれが強いと思います。今回はその微妙な面がモロに出ちゃった結果というか。さらに言えば、最後には”万里”が出てきて…記憶喪失という設定がなかなか生きてきにくいなあとか思っていただけにこの終わり方はうぐあああああああ!?って感じでした。さて、こうなるとラブラブがラブラブのまま終わってくれるのか?わたしたちの田村くんを鑑みるにちと怪しいか?だがなあ…香子は駄目だぞ?個人的には香子に頑張って欲しい所ではありますが、うーむ…4巻も昨日には発売されたようなので非常に楽しみに読もうと思います。

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。