FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い 感想



クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い
西尾 維新 (著), take (イラスト)
講談社ノベルス

西尾氏、イチ押し。――清涼院流水

絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が“科学・絵画・料理・占術・工学”、5人の「天才」女性を招待した瞬間、“孤島×密室×首なし死体”の連鎖がスタートする!
工学の天才美少女、「青色サヴァン」こと玖渚友(くなぎさとも)(♀)とその冴えない友人、「戯言遣い(ざれごとづかい)」」いーちゃん(♂)は、「天才」の凶行を“証明終了(QED)”できるのか?
新青春エンタの傑作、ここに誕生!第23回メフィスト賞受賞作。

理不尽な《首斬り》の横行する馘首(リストラ)時代。絶海の孤島に集められた世界的VIPの天才レディ×5と、お供達(フレンズ)。貴婦人の《首斬り》殺人が連続する。そのサイクルは?オーソドックスな本格ミステリのようで、様式美(パターン)を信仰して疑わない作家ロボットにはゼッタイ創れない物語。とっくに新時代は始まっている、と、今更ながら確信。新世紀のイメージ維新志士が、メフィスト賞から最前線に出陣。いーちゃん、いいじゃん。西尾氏、イチ押し。―――(清涼院流水)

西尾維新氏といえば、昨今は物語シリーズが代表的になっていますが、やっぱりこの戯言シリーズが原点にしてなんとやら、だとは思います。私が、ライトノベルをがっつり買うようになった頃はこのシリーズの最終巻が出てきた辺りで、微妙にブームに乗り遅れてたなあって気分でしたが。あの頃、この講談社ノベルスは高かったんだよなあ。今となっては大したことありませんが。

さて、この戯言シリーズ第1巻。デビュー作という感じで、やはり昨今でた作品と比べると抜群に面白いか?と言われると少し首をひねるところはあります。実は読むの2回目で、ミステリーとしてのオチを知ってしまっているのもあるとは思うんですけどね。あと、戯言シリーズといえばなんだかんだでバトルイメージが強いので、それが殆ど無いのがかなりの違和感を感じるところも。ただまあ、やはり西尾氏の作品っぽいところはきっちりありますし、このころから会話とキャラクターの魅力はあふれんばかりですね、さすがです。

イラストの竹氏もこのころはtake氏だったんですね…イラストに関しては、昨今のほうがこれも独特で好きなんですが。うむ。しかし玖渚友は可愛い。だが、闇口崩子ちゃんのほうが可愛い。だが、彼女が出てくるのはもっとあとなんだあああ!

☆5つ。

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。