FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神のみぞ知るセカイ11巻、12巻 感想



神のみぞ知るセカイ 11
若木 民喜 (著)
少年サンデーコミックス

ギャルゲーとはなんぞや?実は難解なるこのテーマに桂木桂馬が挑む!!挑戦の第11巻!!
「女の子がいてエンディングがあれば… 僕に取っては全てがギャルゲーなんだよ!!」




神のみぞ知るセカイ 12
若木 民喜 (著)
少年サンデーコミックス

常に理想を追求してきた我らが桂木桂馬にあらたなる難題が降りかかる。”完全なる人間とは?”その問いに桂馬は?

まあコミックスはささっと読んじゃうので、まとめての感想となるんですけどねー。神のみぞ知るセカイ11巻、12巻です。まず、ああ、この巻辺りから舞校祭の話って始まってたんですねえ。となると大体もう1年以上前ですか?もしかして、落とし神このあたりから、女の子攻略してない?おお、恐ろしい。女神編はそれなりに面白いので、コミックスで通しでよみなおすといい感じです。

しかし、檜の攻略は作者入魂とだけあって、なかなか真に迫るものがありました。期待に応えるというのは、やはりそれなりにつらいことです。もちろん、それがうまくいっているときはその応えることそのものがエネルギーにもなるんですが、そうでないときは、それが完全に重荷になってしまいますからね。大学受験の近くとかなかなか私も思い出したくない感じです。

12巻の倉川灯の完全なる人間とは?という疑問もそれなりに面倒くさいですけどね。完全というのは1である以上、他者を必要としないというのはやはり正しいのでしょうね。そうなると不完全であることこそがいいのかもしれません。自らの不完全さを認め,見直すのは難しいことではありますが。

しっかし、かのんちゃんも歩美もかわいいなあ・・・桂馬をモデルにしているというのにどうしてこううまくいかないのか(ry

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。