FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トカゲの王 2―復讐のパーソナリティ (上) 感想



トカゲの王 2―復讐のパーソナリティ (上)
入間 人間 (著), ブリキ (イラスト)
電撃文庫

世界を塗り替えるはずだった俺の野望は、右目と共に消失した。あの日、ビルの最上階で『神様』の少女に勝負を挑んで、そしてあっさり負けた。もう二週間ほど前の話だ。そして俺は―ヒキコモリになった。ん?世界を支配?できるわけねーだろそんなの。あんな殺し屋どもに、なんで太刀打ちできるんだ。中二なめんな。だけど明確に分かったことがある。敵はあの『神様』だ。いつか、この左目―『リペイント』を、『神様を倒す能力』にしてみせる。…ただ、もう一つ気づいたことがある。この力は戦うことに向いていない。だから、俺はもう戦わない。そうして自室でこっそり復活を目論む俺だったが、なぜか目の前にエロい巣鴨とエロイDVDが!?意外な展開が待ち受ける学園異能第二弾。

あれか。一巻ではややわかりにくかったですけど、結局、この物語はどうしようもなく殺し屋でしかないナメクジと、どうしようもなく凡人であるしか無い石竜子の物語なのですね。(まあもちろん、本当にリペイントが何の訳にも立たない能力かどうかはまだ、わからないですけど。入間先生ならそういう可能性も否定はできませんが、はてさて)

”神様”であるシラサギに立ち向かう主人公が、この先どのように立ち回っていくかはまだ、わかりませんが、方向性はなんとなくこの巻で見えてきたと言えるのではないでしょうか。能力者としてハッタリをかまし、どこまでも無様に、表面上は怯えなく立ち向かっていくのですね。こう書くと、スニーカー文庫のマスラヲをすこし思い出しますが、こっちのウィル子(巣鴨)は、ちょいと凶暴さがダンチなのでどうなるかはわかりませんねえ…あとダレが言ったか、主人公はヒロイン。まさにその通り。

ナメクジは荒事担当なわけですが、はて。こちらは逆に能力の使えない体で、どこまで立ち向かっていけるかどうかというところでしょうか。こちらもある意味、厨2の王道的な感じですね。

上巻ということで、話が完結はしていないのですが、下巻はどうなるのでしょう?
正直AV女優さん、死亡フラグたってるようで怖いんですが。そもそも、あの少年は結局なんなのか…いろいろ考えながら、楽しみに待ちたいと思います。

☆4つ。

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。