FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日も彼女は恋をする 感想



明日も彼女は恋をする
入間 人間 (著), 左(イラスト)
メディアワークス文庫

『過去の改変』から戻ったわたしに待っていたのは、彼の消失だった。そして、もうひとつ。わたしの歩けなかった足が、元通りになっていた。わたしが歩き回る姿に、島の住人は誰も驚いていない。慣れきっている。そして、この世界の『現在』では、彼は九年前に死んでいた。その蔓延する常識が、わたしを苛み、蝕んでいく。わたしが歩ける毎日。それは彼が死んだ現代。決めた。わたしは必ず取り返す。わたしと彼がいた世界を。必ず。『昨日は彼女も恋してた』と上下巻構成。

やられた。と最初に読んだ瞬間、思いましたね。思わず、上巻を読み直してしまいました。(感想が遅れたのは若干そのせいです) ニアとマチ、まさに2人の物語であるこの作品。下巻の表紙を見た瞬間、あれ、こいつら誰だろ。過去改変で見た目変わったのかなあとか、適当なことを考えていた自分をぶっ飛ばしたい。いやあ、うまい構成でした。

上巻を読み直すと実は!という部分は、多数あるんですね。しかし、その違和感にまったく気付かせなかったその構成は非常に素晴らしいです。このあたり、初期のみーまーを思い出し、懐かしい気分にもなったりならなかったり。さすが、入間先生でした。

終わり方はなんというか、世にも奇妙な物語のような感じでしたが、はてさて。彼らが2人とも幸せになる道は存在するのでしょうか? 救いがないのは辛いですが、これもまた時間を歪めた代償なのでしょうかね。そういうのが好きな方は読んでみると非常に楽しめるのではないでしょうか。久々の入間節、楽しませていただきました…

☆4つ

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。