FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官僚の責任 感想



官僚の責任
古賀 茂明 (著)
PHP新書

辞職を迫られた改革派官僚“覚悟の証言”
「霞が関は人材の墓場」――著者はそう切り捨てる。最高学府の卒業生、志を抱いて入省したはずの優秀な人間たちが集う日本最高の頭脳集団。しかし彼らの行動規範は、「国のため」ではなく「省のため」。利権拡大と身分保障にうつつを抜かし、天下りもサボタージュも恥と思わない……。
いったいなぜ官僚たちは堕落の道をたどるのか?
逼迫する日本の財政状況。政策提言能力を失った彼らを放置すると、この国は終わる。政官界から恐れられ、ついに辞職を迫られた経産省の改革派官僚が、閉ざされた伏魔殿の生態を暴く。
【内容例】「震災復興は利権のチャンス」――悲しいかな、それが官僚の性である/「5.7メートルで安全」と決めたのは経産省/天下りは国民に気づかれないようにこっそりやっている/なぜ政治家は官僚に取り込まれるのか/坪単価5,000万円、充実しすぎの身分保障/「不夜城」の真実 etc.

うーむ。内容として、不正を暴いているという点ではたしかにその通りという印象を得ました。この本。おそらく、あまりよろしくない多くの官僚の所業を適切に描いているという点では、さすが、元官僚だけある。とは思いますね。そのあたりは、いわゆる内部告発的本として非常に正しいと思います。

しかし、残念なのは全体的に不正を糾弾し、ドヤ顔をするだけで、それをどのように改善していくのかという具体的な方策が、本書の中では見えにくいことです。これでは、週刊誌の煽りに満ちた記事を、より信憑性を増したものに過ぎないような気がします。いくつかの方策は書かれていないことはないですが、どうも?

なんていうんですかねえ。踊る大捜査線で本庁から外れたif室井さんが本庁の体制批判をしてるだけのような。そんな印象を受けます。結局、地震とその後の対応を受けて慌てて書いただけなのでしょうか。大衆受けはいいのかもしれませんが・・・

☆3つ。

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。