FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカとテストと召喚獣10 感想



バカとテストと召喚獣10
井上 堅二 (著), 葉賀 ユイ (イラスト)
ファミ通文庫

総員、再びペンを執れ! 白熱のAクラスリベンジ!!

ついにAクラスとの再戦を迎えた明久たちFクラス。
雪辱を果たすため、そしてA教室の大画面で秘蔵DVDを観るため(一部関係者談)気力充分な彼らだったが、
前回苦戦を強いられたAクラスも今回は序盤から全力全開! 
試召戦争は午前中から早くもクライマックス状態に。
そんな中、突然三年生の首席がFクラスを訪れ謎の言葉を残していく……。
『美形は帰れ!』(動物園の皆さん)果たして二年最強クラスの座はどちらの手に!? 風雲急を告げる第10巻!!

さてーバカテスもだいぶ長くなりましたねえ。もう10巻か。間に9.5巻が挟まってたせいで、この外人誰だよ。って思ったのは内緒・・・ってこんな感じの話前も言ったなあ。とかく、読んでいるシリーズが多いとメインキャラ以外は忘れがちになってしまうのは自分の悪いところであります。

今巻の試験召喚戦争自体は、非常に楽しかったですね。翔子と雄二の読み合いが、非常に良い感じで。読まれることを前提とした作戦というのはこう、なかなかいい感じでした。また秀吉の活躍も予想以上に、って感じで。それぞれいい感じに活躍してくれたのではないでしょうか。

ただ、この戦争に絡んでくる3年生ズ。あいつらはなんというか、悪役ですよねえ。展開としてもあまりすっきりするものではないですし。最後ずキューーんですし。 まあ、しょうがないところもあるとは思うのですよ.ここで決着ついてしまうと、このシリーズの題目終わってしまいますし。恋のライバル系のキャラってそろそろ出てきてもおかしくはないところでしたし。ただ、若干強引な出現の仕方だったなあと思って仕切り。次の巻でのカタルシスを望んでおります。

☆3つ。

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。