FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats!The4コマ 2―僕らの戦線行進曲 感想




Angel Beats!The4コマ 2―僕らの戦線行進曲
麻枝 准 (著), こもわた 遥華 (イラスト)
電撃コミックス EX

Keyの看板シナリオライター・麻枝准氏が原作・脚本を務めるオリジナルTVアニメ企画『Angel Beats!』。アクの強いキャラクターたちがTV画面狭しと動き回るこの作品を、こもわた遙華氏が4コマコミック化! ゆりっぺをリーダーとする「死んだ世界戦線」の日常を、キュート&コミカルに描きます。天使との抗争、神への復讐、過酷な生前……。そういった重たい話はとりあえず置いといて、肩の力を抜いてお楽しみください!

はい、あらすじ紹介のとおり、AngelBeats!のキャラが所狭しと動きまわる公式4コマです。公式4コマです!(大事なことなので2回言いました)しかし、内容としては公式4コマといっていいのか・・・?!と思うくらいのはっちゃけ具合。ある意味、アンソロジーみたいなものでAngelBeats!内のキャラを使ってこもわた遥華先生が好きに描いている感じです。っつーか岩沢死んでない時点で察しろでありますww

そもそも、AngelBeats!自体に結構ギャグあったことを考えると何の不思議もない。ということは言わない約束です。

2巻の内容としてはガルデモの影の薄い関根と入江に焦点を当ててみたり、ゆりっぺが子供になってみたり、直井が抱き枕抱えてたり、と本当にフリーダム。だが、それがいい。やはりキャラの個性が強いというのはそれだけで面白い土壌になるのだなあと実感しつつ、読める作品。AB好きはぜひ。

☆4つ。

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。