FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽園追放 -Expelled from Paradise- 感想

楽園追放 -Expelled from Paradise-


楽園追放 Expelled from Paradise【完全生産限定版】 [Blu-ray]


ナノハザードにより廃墟と化した地球。人類の多くは地上を捨て、データとなって電脳世界ディーヴァで暮らすようになっていた。
西暦2400年、そのディーヴァが異変に晒されていた。地上世界からの謎のハッキング。ハッキングの主はフロンティアセッターと名乗った。
ハッキングの狙いはなにか。ディーヴァの捜査官アンジェラは、生身の体・マテリアルボディを身にまとい、地上世界へと降り立つ。地上調査員ディンゴと接触しようとするアンジェラを待ち受けていたのは地上を跋扈するモンスター・サンドワームの群れ。アンジェラはそれを迎え撃つため機動外骨格スーツ・アーハンを起動する。荒廃した地上のどこかに、フロンティアセッターが潜んでいるはず。アンジェラとディンゴの、世界の謎に迫る旅が今、始まった。(公式サイトより)

とりあえず見てきました。Twitterの感想に付け加えつつこちらに。ネタバレも入りますので、気になる人はツイッターの部分だけ追ってもらえれば。


文句なしの☆5つですね。





気合い入りすぎてた気がしますね、というのは勿論いい意味で。3Dキャラクターを動かす、というと最近ではアルペジオがやはり一番に思い浮かびますが、ロボット物としてはガルガンティアや直近ではアルドノアゼロなどを思い出します。それらと比較しても楽園追放は群を抜いた3Dの動き、キャラクターの自然さというのが言えるでしょう。あのエロスーツでアンジェラちゃんがグルグル動きますし、ロボットとミサイルが板野サーカスするんですよ(板野さんが3Dの動きの指導に入っているらしいですねSHIROBAKO) あえて言うならばアンジェラちゃんの髪の動きはややボーン少なめな印象を受けますが(あまりサラサラ感も出してないですし)、そこはまあしょうがないですかね。手間が加速度的に増えますから。
(11月24日追記 と思ってちょっとシーンとかを見直すと意外とそうでもないですね? 髪の細さとかはかなり気を使っている……? ただの印象だったのかもしれません。アンジェラちゃん可愛いし。)



あの人って、フロンティアセッターの神谷浩史ですね。公式にも描いてあった。(Wikipediaはネタバレ多すぎてどうかと思う)
正直ストーリーはガルガンティアです。監視社会(今回はどちらかと言うと完全な競争社会)からの来訪者が地球という未開の地を訪れ価値観を変えるという全体テーマ。加えて自我を持ったAIというギミック。SFとしてもコテコテでしょう。キャラクターも心情部分は最低限しか語らないので、アンジェラに萌えるかどうかというのは釘宮にかかっている、という感じになってます。これはただ難しいところで、まとまり自体はすごくいいんですよね。104分という尺の中でこれ以上入れれば破綻するのは間違いない。90分くらいが多いアニメ映画の中で、ここからさらに加えて視聴者の飽き度と天秤にかけるのは博打なので、Goが出なかったのかなあという印象を受けます。アンジェラとディンゴの萌えるエピソードとかみたいですけどね、誰か同人誌で生身の快楽を知らないアンジェラさんに教え込む感じのやつお願いします。

新宿バルトで見たんですが、人多すぎて最前列になって視野角が十分に取れなかったのが唯一の心残り。音響含めて一度は映画館だと思いますが、BDが売り切れたのむべなるかな、というレベルの良い作品でした。水島精二、やるなあという感じもあります。パンフレットが手に入らなかったので、BDを購入して縮刷版を手に入れようと思います。上の画像から買えるので皆さんどうぞ。

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。