FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレが新しい戯言だ ~悲痛伝・悲惨伝・悲報伝 感想~



悲痛伝 (講談社ノベルス) [新書]
西尾 維新 (著)

すべてを失った十三歳の少年、空々空。感情を持たず、感性に欠けるがゆえにヒーローであることを強いられる、地球撲滅軍第九機動室室長。彼のもとに届いた悲痛なる事件の報せは、地球からの新たなる攻撃なのか?真相を探る英雄の前に立ちはだかるは…、魔法少女!?悲鳴から始まる英雄譚、第二弾。



悲惨伝 (講談社ノベルス) [新書]
西尾 維新 (著)

全住民失踪事件を調査するべく四国を訪れた地球撲滅軍第九機動室室長・空々空。利己的で感情を持たない、十三歳の少年にして、英雄。何者かによる四国脱出ゲームに巻き込まれた空々空は謎めいた年上の魔法少女、杵槻鋼矢と同盟を結び、勝ち抜くために必要な『ルール』を探すことに。不明室が企てる『新兵器』投入が刻一刻と迫り、敏捷な影が二人を追う!悲鳴から始まり、悲痛な別れを繰り返す英雄譚、第三弾。



悲報伝 (講談社ノベルス) [新書]
西尾 維新 (著)

“究極魔法”獲得を目的とした実験により、全住民が消失した四国。閉ざされたその地では、対立する魔法少女のグループが死闘を繰り広げていた。十三歳の英雄・空々空と謎の幼児・酒々井かんづめは、少女たちの戦争を潜り抜け、死地を脱出できるのか。新兵器『悲恋』が上陸を果たし、地球との最終決戦が迫る!悲鳴に始まり、悲痛な別れを繰り返し、悲惨な死する越えていく英雄譚、第四弾。

うう、3冊のあらすじをがっつり並べてみるとさすがに長い。

さて、西尾維新ファンとしてこの伝説シリーズというのはなかなかに謎であった。なにせ、一番最初の悲鳴伝が(昔、感想で書いたように)間違いなくとんでもなく美しい終わり方をした作品である。だから、これの続き?と言われても正直なところ面白くなる気配がしなかった……が。さすがである。面白かった。

まずそもそもとしてテイストが違う。人間とは何なのか、なんてテーマを抱えていた悲鳴伝とは違い、今回の続刊は空々空という”キャラクター”を確立させた結果としての冒険活劇になっている。いやいや、まさかこんな大胆な方針転換をするとは思っていなかった。そして極めつけは魔法少女。それぞれの能力を持った魔法少女と(少なくとも人間に対しては)なんの能力も持たない空々空がその冷徹な判断力を使って戦っていく。そして相手は簡単に死ぬ!セリフを喋って、空々くんと対峙して対決して、彼以外(!?)に容赦なく殺される!
ひゃっはーーーー!!!! 戯言シリーズの再来じゃねえか!!!! いや主人公像としては刀語のほうが近いのだろうか?どちらにせよ、物語シリーズの面白さにすこしマンネリズムを感じている読者にとっては非常に良いスパイスとなってくれた。

また、結局この四国ゲームについて、そして魔法少女という存在についてが徐々に明らかになっていくこの感覚。相変わらず彼のミステリ魂(とかいうとミステリ好きに殺されそうだが)に心躍らされる。いやめっちゃ楽しめました……が、世間においてはどうもあんまり評判がよろしくない。(リンククリックしてアマゾンにでも飛んでくれ)まあ、それ自体は少ししょうがないかなという気もする。

なにせ長い。1冊がだいたい講談社ブックスで500P。3冊読めば1500P。普通の文庫換算だと多分2倍位にページ数が膨れ上がる。そんなのを嬉々として読んでいけるのは川上稔ファンくらいなものである。※1 そしてこれで完結しない。まだ1冊出る。※2
そして登場人物も多い。そして戯言みたいにイラストがあるわけじゃない※3 から把握も大変だ。
悲鳴伝からのテイストの違いは続きと思って読むと明らかに評価の割れるポイントになるだろう。
後冗長……だけどそれ自体はいつものことだからね。ま、気にしないでおくれ。

もちろん、個人的にそういうの全部すっ飛ばして、続きを延々と読ませられてしまった作品で、お勧めなのだけど、西尾ファン以外にはお勧めづらいかな……それ自体はいつものことなんだけど。

一言:いやでもめだかボックスより面白いよ?

☆4つ

※1 京極夏彦ファンでもいいと思う。
※2 悲痛伝の予告だと、この時期には全部出ているような書き方だったからまだ悲惨伝までしか買ってなかった私には、ヒャッハー一気に読める!とか思っていたがどうも延期してしまったらしい。残念。
※3 ここは完全に編集のミスだと思う。前作悲鳴伝に関しては確かにそのグロ描写も含めて、イラストなどなくてもどうにでもなる、という感じだが、この悲痛伝以降はその魔法少女の書き方も合わせてイラストがあったほうが明らかに良い。

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。