FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆりゆり 感想



ゆりゆり
なもり (著)
百合姫コミックス

すれ違い+勘違い+思い違い=ハッピーエンド。
ゆる~い百合で一世を風靡した『ゆるゆり』の作者・なもりが放つ、もうひとつのなもりワールド。正統派百合少女漫画の同人誌「ゆりゆり」全5作と、1~4までのその後を描いた「ゆりゆりあふた~」を完全収録。初めての恋、そのときめき、とまどい、やるせなさ、思い出してみませんか?

ええい、3冊も一気に出すとかなもりさんは化け物か!とか思ってたけどこれは同人誌時代の作品を集めたものなのですね、それなら……ん?描きおろし部分普通にあるの?いややっぱりすごいじゃないか。

個人的に好きな話はゆりゆり1、とゆりゆり5なんですけど、あれだなあ。きっとあんまりドロドロしたのが好きじゃないってことなのかもしれません。1とかAチャンネルを彷彿とさせる程度のやつですし。でもこの作品群を見て、百合の素晴らしさがなんとなくわかった気もします(ホントか? 少なくともなもり先生のイラストで男の娘とか登場させる必要なんて無いんですよね。画面のなかはかわいいキャラだけで溢れていればよいのです!ううん、いや正直言うとその考え方自体はどうかとも思うのですが。

後同人描きとしては単純に、ああ、こうすればきっちりまとまるんだな、とか起承転結の付け方とかこうやればいいんだ、とか今更のことではありますがいろいろ再認識いたしましたので、やはりいい作品群だと思います。ゆるゆりもいいですが、ゆりゆりもいいものですね……

☆4つ。

一言:ところであの百合姫表紙のキャラのマンガまだー?

ゆるゆり(8)、(9)巻 感想

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。