FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は友達が少ない 8 感想



僕は友達が少ない 8
平坂 読 (著), ブリキ (イラスト)
MF文庫J

聖クロニカ学園学園祭本番、前座のような体育祭はつつがなく終わり、いよいよ文化祭当日となった。自主製作映画を上映する予定の隣人部だったが、映画の仕上げを担当していた理科が倒れてしまい、映画は未完成となり上映は中止に。残念な結果となった学園祭ののち、これまでの馬鹿馬鹿しいけど賑やかで楽しい活動の日々へと戻っ
ていく隣人部。互いに絆を深めていく隣人部の面々と過ごしながら、小鷹は隣人部への思いをいっそう強くする。そんなおり、星奈を敵視する生徒会の遊佐葵が隣人部に対して不穏な動きを見せ、小鷹、夜空、星奈、理科、幸村の関係にも大きな転機が訪れる――。残念系コメディ、ついに終幕……!?

実は私、新月お茶の会というサークルに入ってまして、今度の号での特集予定になっているのが、この『はがない』に類似する作品である『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』に共通する概念、メタラブコメというものになっております。ですのでこの作品は、実はサークルで最近何度も語り尽くされていて、ここでそれを膨大に書いていってしまうととんでもないことになりそうなアレなのですが、このブログはあんまりそういう方向ではないので、なるべく柔らかく行っていこうと思います。気になった人は文学フリマとか駒場祭とか、コミケのどっかで配布するのでぜひどうぞ。

はい、前巻において破綻の兆しが見えてきた隣人部ですが、当たり前のように今巻で決定的な破局を見せます。それが星奈による行動だったというのは考えてみれば当たり前といえば当たり前なのですかね。個人的には隣人部を構成した夜空こそが、壊すのにはふさわしいと思わなくもないのですが、それは次巻以降に有り得る話でしょうか。

しかし、実は今回の小鷹の逃げ先である生徒会を観察して思ったのですが、もし小鷹があのまま生徒会にいたとしたら……どうなったのでしょうか? やはり隣人部と同様のぬるま湯な、そして気持ちを包み隠したような奇妙な環境が生まれるのでしょうか? それとも、単純なラブでコメってるあの不思議な空間が生まれるのでしょうか? あるいは簡単に破局してしまうのか。このへん可能だったら作者さんに聞いてみたいなと思います。

前巻、今巻で色々なキャラクターの芯が、真がやっと見えてきた気がします。それは理科だけではなく、幸村も。星奈はもともと実はオモテウラのない子なので、後残るのは実は夜空だけだったりするのかもしれません。次巻においての恋と笑顔のラブコメディの中でその辺が明かされていくとするならば、メタラブコメの終焉がここに確かに現れるという祝福を述べることができそうです。次巻を楽しみに待ちましょう。

☆4つ

一言:理科、眼鏡ないほうが可愛んちゃうか。

僕は友達が少ない ゆにばーす 感想

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。