FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デート・ア・ライブ3 狂三キラー 感想



デート・ア・ライブ3 狂三キラー
橘 公司 (著), つなこ (イラスト)
富士見ファンタジア文庫

六月五日。士道の通う高校に災厄は突然やって来た。「わたくし、精霊ですのよ」転校生の少女、狂三の衝撃的な自己紹介。校内を案内することになった士道に、少女は微笑を浮かべささやく。「士道さんにお願いがありますの。…聞いてくださいまして?」世界を殺す災厄を体現するかのように己の意思と、明確な殺意で、愉悦を感じながら、人を殺す最悪の精霊。「精霊が現れやがったんです。ならぶっ殺す以外にすることはねーです」そして、その精霊を殺す少女、真那。人を殺す少女と精霊を殺す少女。悪夢を断ち切るため、デートして、デレさせろ!?―。

神のみぞ知るセ、おっと違った。デート・ア・ライブ第3巻です。今回は今までのように好意的ではなく、(ある意味、主人公への好意度は高いのですが)人間を明確に悪意を持って殺す精霊です。こんな彼女をデレさせることが出来るのか? ということで、今までと結構毛色の違うヒロインですね。

さて、人を殺す、明確に悪の精霊をなんというか力を封じてラブコメってのは、倫理的に結構どうなのよ?とか思いながら読み進めていくと、まさかの次巻へ続く展開。ぬう、やられました。最終的にどう解決するかはわかりませんが、そんな簡単に進めていい問題ではないことはきちんと作者方も理解しているようで。こういうところが上手いなあと思うんですよね。加えて、あのヒキ。かなり明確な伏線であったからこそ、いつ頃やるのかなあ?とは思ってましたが、意外と早く進めてきて……しかし、この上なく正しいばらし方。何度も言いますが、堅実ですよねえ。いいラノベです。

あと狂三さんね!可愛いですよね!(エ 実は今までのヒロインの中で造形的には一番気に入ってます。加えて、能力的にも最強に近いアレ。最後の救われたかに見せかけて、だが断る と言いたくなる展開。一人いただけませんかね、本当に。次巻も楽しみです。…ん?真奈?いたなあそんなの。真の妹とか弱キャラなんですよ!

☆4つ。

一言:トリプルブッキングデート僕もしたい!いや、現実では絶対ごめんですが。

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。