FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線上のホライゾン きみとあさまで Ⅱ上 感想

境界線上のホライゾン (Horizon on the Middle of Nowhere) 5 (初回限定版) [Blu-ray]

三河の動乱より一年前となる聖譜歴1647年の春。衝動にかられて雅楽祭にバンド出動しようかと思い悩んだ浅間・智は客観的に見ればミトツダイラに朝の告白で深揉みされてマーキングを促したところをマル……、ナイトに録音されたりもしたが、女だらけのデート大会で立体的に憤りを感じられたりお互いに白いものを掛け合ったりもしたが三人の中で格差社会の犠牲者であるミトツダイラの運命や如何に。
しかしそれでもいいじゃないか。薄いには薄いなりの利点がある。ハイじゃあ先生それ解らないから他の人答えなさい。いや鈴、無理に答えようとしなくていいから。アンタ薄くなくて細いだけだし。あと女装は手を挙げるな。泣かない。
誰よ隙間家具の利点とか言うの。
アデーレ隙間家具説。いやアデーレまだ名前出てない。これからだわ。こっち見んな。まだ描いてないから大丈夫よ。
ともあれ何だ。そろそろ風呂に入りたくないかしら。デートついでに風呂で一発。一発何だ。そんな感じで「きみとあさまで」Ⅱ<上> スタート。

この本の感想書く時、一番疲れるのがあらすじ打つ時だったりします。他のはなんだかんだでどっかにあらすじ転がってるからコピペで済むんですよねえ…これは手打ちだから…

さて、まず!注目したいのは鈴が貧乳ではなく、全体的に細かっただけという驚愕の事実!…たしかに鈴の体格だとなあ。でも設定では貧になってなかったかし…ほんとだ、結構あるううう!?(P45挿絵) 設定的にはミト、鈴、ナルゼ、アデーレが貧のはずだったのですが…これは波乱が起きそうやでえ…
しかし、本編にも増して、この番外編、乳の話題多すぎじゃなかろうか。私もこういう世界に生きてみたい。ホント周りには薄いのしかいなくてさあ(cencored) あとネイトの髪にも術式かかってるというのもなかなか驚きの事実ですが、そうじゃないとたしかにあの量はおかしいから納得もいきます。

過去編が進み、登場人物も段々と増えてきたという感じで、武蔵さん達もいらっしゃいました。しっかし、芸能系の術者達の無駄な身体能力の高さ。変態性はその反動なんでしょうか、どうなんでしょうか。武蔵さんがこれだけやって対処できない術者ってすげえなーって感じです。そいえば、自動人形ってなんかの種族…?なんですか?その発想がなかったので少し不思議。争いを迎えることを予測している先代の生徒会の方々は、本編ではどうしているのでしょうか?なにげに、下界の修行とか気になるワードが出てきてますが。。。掘り下げてくれないかなあ?

祝詞ソングアタックとかめちゃくちゃ気になるのですが、トーリくんの歌が出たということは彼の歌がCDでつくことも期待していいのでしょうか。頑固であるし約束も曲げないけど、人を大事にするアサマチのような娘が周りにいて欲しかったなあ、ほんと・・・終盤の非竜刀の戦闘は迫力満点なので一読あれ。次回も戦闘からかしら?

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

三河の動乱より一年前となる聖譜歴1647年の春。衝動にかられて雅楽祭にバンド出動しようかと思い悩んだ浅間・智は客観的に見ればミトツダイラに朝の告白で深揉みされてマーキングを

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。