FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デート・ア・ライブ 十香デッドエンド 感想



デート・ア・ライブ 十香デッドエンド
橘 公司 (著), つなこ (イラスト)
富士見ファンタジア文庫

四月一〇日。昨日で春休みが終わり、今日から学校という朝。可愛い妹に起こされ、五河士道は今日もいつも通りの日常が始まると思っていた。精霊と呼ばれる少女と出会うまでは―。突然の衝撃波とともに、跡形もなく、無くなった街並み。クレーターになった街の一角の、中心にその少女はいた。「―おまえも、私を殺しに来たんだろう?」世界を殺す災厄、正体不明の怪物と、世界から否定される少女を止める方法は二つ。殱滅か、対話。軍服に身を包んだ妹・琴里は士道に言う。「というわけでデートして、精霊をデレさせなさい!」「は、はあ…ッ!?」新世代ボーイ・ミーツ・ガール、登場。

蒼穹のカルマでデビューした、橘公司さんの新作です、といってもだいぶ前に出ていたものなので今更な感はありますね。アニメ化企画進行中ということで読んで見ることにしました。

蒼穹のカルマは短編をドラゴンマガジンで読んでいただけなのですが、

橘公司『蒼穹のカルマ』の表紙が段々酷くなってるなww【富士見ファンタジア文庫】 オタク.com

このようになかなかはっちゃけた作品であったことが思い出されます。さて、いい絵師さんを呼んで今回はどういうふうになるのかと思ったら…びっくりでした。非常に丁寧な良作です。ほのかな恋愛あり、バトルシーンあり、コミカルな設定あり、笑いどころありと昨今のライトノベルに必要とされているであろう要素を丁寧に盛り込みつつ、そのうえで崩壊させていません。まとまりが素晴らしい。全体の流れもよく、これは確かにアニメ化企画進行中というのも納得です。アニメの映像が読みながら頭に浮かんできました。

妹のあの性格の設定はなかなかにご褒美だったり、折紙が惚れている理由がわからなかったり、そもそも主人公の正体など色々とわからない設定が引っ張られていますがそれも2巻以降のいいスパイスになるのじゃないかなあと思います。2巻を読むのが楽しみですね

☆4つ。

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

デート・ア・ライブ 十香デッドエンド橘 公司 (著), つなこ (イラスト) 富士見ファンタジア文庫四月一〇日。昨日で春休みが終わり、今日から学校という朝。可愛い妹に起こされ、五河士

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。