FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変態王子と笑わない猫。5 感想



変態王子と笑わない猫。5
さがら総 (著), カントク (イラスト)
MF文庫J

ついに小豆梓の大攻勢が始まった! チアガール系ワンワンの笑顔に押され気味のぼくは、無表情ガール系月子ちゃんのプレッシャーに震える日々。「あの、そのハサミは何に使うのかな……?」「先輩が悪いのです。わたしをほったらかしにする先輩が」……あっちもこっちも大変で、どうにかしようとしているうちに引き寄せてしまったのは、まさかの10年前の世界! 「久しぶりの、ふたりきりの大冒険ですね」――すっかり上機嫌の筒隠と、今度は過去をたずねて時間旅行!? しかも月子ちゃんのお母さん、“筒隠ツカサ”さんまで現れて……? 大人気爽やか系変態ラブコメ第5弾! これは、過去から未来へと繋がる「想い出」の物語――。

今回は月子巻ですよおおおお!月子スキー集まれええ! 梓とかエミとかつくしさんはあんまり出番がないけど許してあげてね。久々の出番に喜びまくってる月子ちゃんと予想外の可愛さを持つ人妻の月子母が非常に可愛らしいので。

前の話が3巻なので、少し間を挟んだ形になりましたがそういえば、小豆ちゃんとぶちゅーしていた横寺くん。それをうすうす感づいた月子ちゃんの不安というかなんというかそういうのが表面化した巻ってことなんでしょうかね。正ヒロインとしてはやはり不安でたまらないということなのでしょう。そろそろ正ヒロインなのかも怪しくなってきたとか決して言ってはいけない。中身としてはタイムマシンということではありましたが実質は、筒隠家の家族、加えて昔からの変わらぬ横寺くんの優しさでしょうか。1巻で頑張り、2巻でキャラ物に、3巻で真面目路線へと突っ走り、4巻で小休止し、5巻で地味シリアスとはやるじゃないか、このシリーズ。

しかし、最後ああしてしまうと、横寺くんそろそろ刺されるんじゃなかろうか。うん。大丈夫なのかしら。真面目にKissまでしちゃうのってハーレムものだと少ないと思うんだけど(特にライトノベルだと)。しかも横寺くん、さすがに気持ちを無視しているわけではないというところもポイントなわけで…むう。まあいい三角関係を期待して待ちましょう。

☆4つ。

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。