FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニセコイ 1 感想



ニセコイ 1
古味 直志 (著)
ジャンプコミックス

クザの2代目だが、ごく普通の高校生・一条楽。そんな彼の前に現れた、転校生の美少女・桐崎千棘。喧嘩っ早く、楽とは何から何まで相性最悪な千棘だが、ある事情から二人は恋人を演じるハメになり!?

今から一年前、この作品はジャンプで始まりました。ジャンプでの久々の恋愛モノ、しかも話も悪くない。これはジャンプ、いい流れを作ったのではないだろうか、と皆が思ったでしょう。しかし、その先に新連載がさらに2本立て続けで、恋愛モノ、というジャンプ恋愛三国志時代が訪れようとは、その時点では誰も予想だにしないことでありました……

ま、ニセコイ1強だったんですけどね!

んーまあ、恋染紅葉も悪くないんですが、どうしてもねえ。絵柄がやや昔目なのと、主人公の方向性がいまいちかっこ悪いというか。(最近はやや良くなってきてたんですけど。)パジャマな彼女は絵はうまかったんですけど、話がなあ。

と、話がそれました。さて。そんなジャンプ恋愛三国志を生き残ったニセコイです。実際、この作品が生き残ったには十分な理由がありまして、まず、王道パターンを良くわかっている点ですね。偽の恋人だとか、過去の約束だとか、ヒロインがギャングの娘とか、実は別に好きな娘がいるとか考えるだけで割と類型作品を思い出せるレベルなのですが(偽彼氏は昔からのお約束ですね。過去の約束はラブひな。ヒロインがギャングの娘ってのは瀬戸の花嫁とかがありますね、実は別に、とかなんだToLOVEるか。)、類型要素だけに王道なので、意外と破綻しないレベルで丁寧に組み合わせていくのは難しい。ですが、うまくやっています。よくラブコメを勉強してきたのだなあと思います。

加えて、エロ方向に走るのではなく(意外な話のようですが、完全にエロに走るのはラブコメに本来は不要です。もちろん売りとしては全然有りだと思いますが)表情をうまく変化させ、キャラの感情を特徴的にこちらに伝えてきてくれること。更に、話の流れを短くまとめた上で、その中でどのようにキャラをすすめるか、そして笑いどころ、見せ所はどこか?というのを非常に意識させている辺り、もはやラブコメとしてど満点ですし、マンガとしても完成度高いと思います。毎週ホントジャンプ読むのを楽しみにさせてくれてありがとうございますって感じですね。

読んでる人は当然知ってると思いますが、最近連載の方ではとかく小野寺さん不憫ですが、きっと巻き返しありますよ。うん。なんというか千棘はまだ好きって意識にたってないのでその辺がね、うん! ジャンプ誌上に久々に現れた良質のラブコメ。あなたも読んでみてはいかがですか。

一言:同人誌のメインを正直小野寺にしてもいいんじゃないかと最近。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。